大学院 奨学金

【2020年最新版! 40団体以上まとめ!】国内・海外の大学院生(博士・修士課程)への給付型奨学金

【2020年最新版! 40団体以上まとめ!】国内・海外の大学院生(博士・修士課程)への給付型奨学金

大学院生を対象とした、(給付型)奨学金について掲載しています。

うどん研究者
みなさんが一番気になる、給付額、応募時期、併給可能かどうか、をまとめてみました。

学部生の方は【対象】に学部生が含まれるかどうかは別途サイトでチェックしていただくようお願いします。

【給付額】、【応募時期】などは例年の条件を参考にしています。別途サイトで今一度ご確認ください。

もくじ

月10万円以上(年間120万円以上)

学術振興会特別研究員(DC)

【対象】国内の大学院生(外国人含む)
【給付額】月20万円+授業料+研究経費年150万円程
【他団体との併給】不可能
【応募時期】6月頃
【備考】DC1とDC2の2つの区分があります。DC1は700名程採用、3年間。DC2は1100名程採用、2年間。2020年度の募集要項はこちら。

学生支援機構奨学金(JASSO)の第一種

【対象】国内の大学院生
【給付額】 8~12万円
【他団体との併給】可能
【応募時期】所属の大学に従う
【備考】無利子の貸与ではあるが、約三割の学生が半額以上の返還免除を獲得。

公益財団法人吉田育英会のマスター21・ドクター21

【対象】日本の大学院において自然科学系分野を専攻する学生
【給付額】修士は月8万円 博士は月20万円
【他団体との併給】 貸与奨学金・大学内の奨学金:併給可 (民間財団からの)給与奨学金:併給不可
【応募時期】4月頃
【備考】マスター21の採用人数は15名、ドクター21の採用人数は5名

松下幸之助記念財団の松下幸之助国際スカラシップ

【対象】日本の大学・大学院ないしは研究機関に学生・教員・研究員として在籍する者
【給付額】月14万円
【他団体との併給】 不可
【応募時期】6~7月
【備考】15名程度。支給期間1~2年

財団法人本庄国際奨学金 日本人大学院生奨学金

【対象】日本で主として博士号取得を最終目的とする日本人大学院生
【給付額】月15万円〜20万円
【他団体との併給】不可。
【応募時期】9~10月
【備考】3-5名採用

日本カトリック大学連盟

【対象】カトリック教会所属の信者を対象に、大学院生と大学院留学生
【給付額】月10万円
【他団体との併給】
【応募時期】2月
【備考】最長3年まで

公益財団法人帝人奨学会

【対象】国内の医学・薬学系、バイオ学系、理工学系、工学系、情報学系の大学院生向け
【給付額】月8万円〜10万円。
【他団体との併給】可能
【募集時期】9月
【備考】条件を満たした場合に返済が免除になる奨学金の貸与

孫正義育英財団

【対象】応募時点で25 歳以下の学生 国内・海外を問わない
【給付額】生活費・授業料・渡航費・研究費などを支給。
【他団体との併給】可能
【応募時期】2月頃
【備考】毎年適宜の人数を採用。5年間支給

学生支援機構奨学金(JASSO)の海外留学支援制度(大学院学位取得型)

【対象】海外の大学院生
【給付額】奨学金月額89,000円〜148,000円+授業料年度上限250万円
【他団体との併給】トビタテ留学JAPANとの併給は認めない。それ以外の団体は可能。
【応募時期】9~10月
【備考】原則大学を通じて応募する。修士は2年間支援 博士は原則3年間支援

トビタテ留学JAPAN

【対象】海外の大学院へ留学する学生
【給付額】奨学金月額89,000円〜148,000円+授業料 100万円~250万円
【他団体との併給】他団体等からの支給月額が、本制度による支給月額を超えないことが要件
【応募時期】奇数期11月中旬~1月中旬、偶数期7月中旬~9月中旬
【備考】修士は2年間支援 博士は原則3年間支援 2019年採用人数は95名

経団連のグローバル人材育成スカラーシップ

【対象】海外の大学院に進学する学生
【給付額】一括200万円(期間にかかわらず)
【他団体との併給】不可
【応募時期】7月~9月
【備考】財団の指定する大学に在籍の学生。毎年20名。

経団連の日本人大学院生奨学金

【対象】海外の大学院に進学する学生
【給付額】年間350万円(2年間または1年間)
【他団体との併給】
【応募時期】 8~9月
【備考】財団の指定する大学に在籍の学生。2名

公益財団法人吉田育英会の日本人派遣留学プログラム

【対象】海外の大学院において自然科学系分野を専攻する博士課程学生
【給付額】月20万円+学費250万円以内+交通費など
【他団体との併給】貸与奨学金・大学内の奨学金:併給可 (民間財団からの)給与奨学金:併給不可
【応募時期】9月頃
【備考】採用人数は5名(最長3年)

財団法人本庄国際奨学金

【対象】海外で主として博士号取得を最終目的とする日本人大学院生
【給付額】月15万円〜20万円
【他団体との併給】不可。
【応募時期】2~4月
【備考】3-5名採用

伊藤国際教育交流財団

【対象】海外の大学等の大学院修士課程に正規生として入学を予定している方
【給付額】額US2000ドル相当の円貨、実費(年間300万円以内)、渡航費
【他団体との併給】不可
【応募時期】6~8月
【備考】10名程度採用。原則2年以内。

公益財団法人江副記念リクルート財団

【対象】海外の大学・大学院の学生
【給付額】年額上限1,000万円
【他団体との併給】可能
【応募時期】8~10月
【備考】器楽、スポーツ、アート、学術の4部門で各10名程度 年齢制限あり。

重田教育財団

【対象】海外の大学院へ留学する学生
【給付額】月額20万円
【他団体との併給】可能
【応募時期】5~6月
【備考】毎年6名。2年間

船井情報科学振興財団

【対象】海外の大学院にPh. D. 取得を目的として留学する日本人学生
【給付額】生活費月2500ドル+授業全額+医療保険費全額+支度金+渡航費
【他団体との併給】不可
【応募時期】6~9月
【備考】毎年、理工系分野を中心とし、生命科学、経済・経営分野を合わせて10名程度採用。原則2年間支給。

大学独自の奨学金・学内助成金

【対象】 主に支援大学の在学生、特待生
【給付額】 年間数十万円~数百万円

月10万円未満(年間120万円未満)※主に給付金額の大きい順

公益財団法人木下記念事業団

【対象】大学院生
【給付額】年60〜84万円
【備考】指定大学を通じて募集

一般財団法人 高久国際奨学財団

【対象】日本国内の大学院の日本人学生
【給付額】月7万円
【他団体との併給】不可、但し貸与は可能
【応募時期】9月

公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団

【対象】応用化学(プラスティック製品)、機械工学、電気電子工学、高分子工学等の工学系およびデザイン関係の大学院生
【給付額】月5万円〜6万円

公益財団法人尚志社

【対象】特定の大学の大学院の学生
【給付額】月3万〜6万円

公益財団法人川村育英会

【対象】財団指定の大学院の学生
【給付額】月2万円〜6万円

公益財団法人新日本奨学会

【対象】指定の大学院に在学する修士課程の大学院生
【給付額】月4万7千円〜5万5千円

公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団

【対象】財団の指定する大学、研究科に在籍している大学院生
【給付額】月3万5千円〜5万5千円

公益財団法人日本証券奨学財団

【対象】特定の大学の大学院生
【給付額】月3万5千円〜月5万5千円

公益財団法人小原白梅育英基金

【対象】所定の大学の大学院生
【給付額】月5万円

公益財団法人東電記念財団

【対象】日本国内の大学院の修士課程に在学し博士課程に進学を希望する学生や、博士課程1年もしくは2年に在学する学生
【給付額】月5万円

一般財団法人 鷹野学術振興財団

【対象】科学技術関係の大学院生
【給付額】月5万円

公益財団法人戸部眞紀財団

【対象】化学、食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、経営学の分野を専攻する修士課程、博士課程の学生
【給付額】月5万円

公益財団法人中部奨学会

【対象】国内の大学院生(博士後期課程)を対象に、奨学生を給付しています
【給付額】月3万5千円〜5万円

公益財団法人アイザワ記念育英財団

【対象】指定大学の大学院生向け
【給付額】月3万〜4万5千円

財団法人 中董奨学会

【対象】国内の大学院1年生
【給付額】月4万円

公益財団法人佐藤奨学会

【対象】指定の大学院の学生
【給付額】月11,500円〜30,500円

一般財団法人 大森昌三記念財団

【対象】大学院修士課程または博士課程に在籍する学生
【給付額】月3万円

公益財団法人森下仁丹奨学会

【対象】大学院生
【給付額】月3万円

公益財団法人日揮・実吉奨学会

【対象】指定大学の理工系の大学院生
【給付額】年30万円

一般財団法人 牛久保・天田育英財団

【対象】大学院の学生
【給付額】年30万円

公益財団法人山田育英会

【対象】修士課程学生
【給付額】2万5千円

全労済

【対象】大学院の博士後期課程

公益財団法人ダイオーズ記念財団

【対象】日本国内の大学院
【給付額】月1万円

公益財団法人竹中育英会

【対象】指定校の大学院生

一般社団法人大学女性協会(JAUW)

【対象】女性の大学院生

公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)

【対象】指定の大学院の学生

 

うどん研究者
調べてみると非常にたくさんの奨学金団体がありました。自分の条件にあったものに応募するとき役に立ったら幸いです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うどん研究者

生物学研究者の卵。 大学院、基礎医学研究、留学、英語学習について発信していきます。 博士課程から海外留学予定。大好物はうどん。

-大学院, 奨学金

Copyright© うどん研究者のバイオノート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.